空き家被害が心配なら管理会社と手を打とう

男性と女性

相場よりも安く

男性

痕跡を確認した上で交渉

東京では、不動産の価格が高くなっていることから、事故物件が注目されるようになっています。事故物件とは、過去に自殺や事件などで人が亡くなったことのある土地や建物です。人口が多い分、亡くなる人も多い東京では、こういった事故物件が多数あります。そして多くの人が、恐怖感や嫌悪感といった心理的な問題から、事故物件を購入リストから外しています。つまり不人気ということですから、そのため事故物件は、東京でも比較的安く販売されていることが多いのです。中には相場の半値ほどで販売されている事故物件もあるため、東京で不動産を安く購入することを希望している人々からは、逆に関心を寄せられているわけです。事故物件でも、購入手続きは一般的な不動産と変わりません。売買契約や代金の支払い、所有権の移転手続きといった流れで購入することになります。ただし購入を決める前の内覧および交渉は、一般的な不動産よりもしっかりと行っておくことが肝心となっています。というのも事故物件には、人が亡くなった痕跡が残っている可能性があるからです。たとえばシミや匂いなどですが、これらの有無は見逃さないようにチェックする必要があります。発見した場合には、もちろんそれを理由に購入をキャンセルすることができますし、値下げ交渉をすることも可能となるのです。さらに、痕跡を消すためのリフォームやクリーニングを依頼することもできます。なぜなら売り手には、瑕疵担保責任といって、欠陥とみなされる部分については補修する義務があるからです。これにより、安い上に快適に過ごせる不動産を購入できるようになります。